女性も植毛する方が増えています

薄毛や抜け毛で悩んでいるのは、男性だけではありません。

 

薄毛に悩む女性

薄毛や抜け毛は男性ホルモンとも関係があると言われているので、男性の方が毛髪に悩みを抱えていることが多いです。しかし女性も年齢とともに確実に髪の毛が薄くなります。

 

日本全体で毛髪に悩みを抱えている女性は600万人と言われており、自覚していない女性と合わせると1000万人に薄毛が発症していると考えられています。

 

薄毛は男女共通の悩みであり、性別に関係なく植毛がその解消方法として選択されています。

女性の植毛の特徴とは?

FUT法を選択する女性が多い

 

か緩やかなウェーブのかかっている女性の髪の毛、髪の毛が非常に長い、女子力が高そう、パーマをゆるくかけているのかもしれない

男性と女性の髪型は異なります。男性の場合は比較的髪の毛を短くする機会もありますが、女性の場合は長いわけです。

 

植毛をする時は後頭部や側頭部から毛根を採取して移植するので傷跡が残ります。しかし女性の場合は髪の毛を長くするケースが多いので、傷跡が隠れやすいのです。

 

FUT法は後頭部や側頭部にヨコに一直線にメスを入れます。一方で、FUE法は番地と呼ばれる器具で毛根一つずつをくり抜いていきます。

 

男性の場合は短くするとヨコ一直線の傷が目立ってしまうので、FUE法を選択する例が増えてきています。しかし女性の場合は長い髪の毛でキズが隠れるので、FUT法でも問題ありません。

 

FUT法のほうが安上がりで施術設けられるケースが多くなっており、女性から人気となっているわけです。

女性の薄毛と男性の薄毛は異なります!

実際に植毛手術を受ける方の1割程度は、女性の方です。美意識が高い方も多く、深刻な状態にならないうちに植毛を行うケースも珍しくありません。植毛技術も向上しているので、見た目も非常に自然になりました。植毛を受ける女性は年々増えているのです。

 

薄毛に悩む女性2

男性の場合はおでこがM字にひろくなるタイプの方と、頭頂部が薄くなるタイプの方が多いという特徴があります。

 

女性の場合はどこかが局所的に薄くなるのではなく、全体的なボリュームが減ってくる場合が多いのが特徴です。局所的に薄くなる場合も髪の分け目など人によって異なる部位に薄くなることが多いです。

 

全体的なボリュームを増やす植毛を行う場合は、比較的毛髪にボリュームがある部分の皮膚を採取して、比較的毛髪にボリュームのない部分に移植を行います。まんべんなく行うので、傷跡も目立ちにくいと言うメリットがあります。

 

女性の場合は完全に脱毛するというよりは毛髪の一本一本が細くなって薄毛が発症します。いかに女性が薄くなる原因を軽く紹介します。

 

血行不良による薄毛

 

女性には冷え性が多いわけですが、冷え性になるということは血液のめぐりが悪くなっているということです。

 

髪の毛は血液によって栄養が送られているので、血行不良になると髪の毛の成長力がダウンしてしまうわけです。髪の毛1本1本も細くなってしまいます。

 

ちなみに女性ホルモンには血行を高める作用もあり、ホルモンバランスの乱れによって薄毛が発症するケースも女性には多いです。

 

女性ホルモン低下による薄毛

 

串についた髪の毛を見てがっかりとしている女性、薄毛に悩んでいる、イラスト、毎朝多くの女性が経験していることを表している画像

女性ホルモンには髪の毛の成長期間を延ばす、といった機能があります。

 

妊娠中は髪の毛が抜けにくくなり髪の毛が多くなる、といったことを感じている方がかなり多いわけです。一方で出産後は髪の毛が一気に抜けてしまいます。

 

妊娠中は女性ホルモンが多くなり、出産後は一気に減ります。その結果、髪の毛に大きな影響が与えられる、と言うわけです。

 

女性の場合は、更年期障害を迎えると一気に女性ホルモンが減ります。髪の毛の成長期間が短くなり、抜けている状態の毛が多くなってしまのです。

 

女性ホルモンの減退は、女性に薄毛が発症するメカニズムの一つです。