頭のつむじ部分から薄くなる人には、植毛が効果的です

つむじも植毛でカバーできる

植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」の二つの手法があります。どちらの方法でもつむじ部分を効果的にカバーできます。

 

「自毛植毛」でつむじ部分をカバーする場合には、頭頂部の豊かにある毛髪部分の毛根をつむじ部分に移植できます。

 

移植した毛根がつむじ部分に定着し、自然に発毛してくるまでには約3カ月かかります。しかし自分の毛髪なので、たとえ抜けたとしてもまた生えてくるのです。

 

「人工毛植毛」でつむじ部分をカバーする場合は、直接つむじ部分に人工毛髪を植え付けて行きます。一定の長さの毛を植えることになるので、施術が終わってすぐに効果を感じられます。ですが、一度抜けてしまった人工毛髪は元には戻らないのでで、メンテナンスを行うことが必要になる可能性もあるのです。

植毛の際の注意点とは何でしょうか?

人間のつむじは、それぞれが特徴のある形をしています。
一つの人もいますし、2つ3つと複数つむじがある人もいます。

 

頭のつむじ部分

どんなタイプのつむじの人も、それぞれ自然な毛髪の流れがあるのが特徴です。

 

ですから、つむじ部分に植毛するときは、「自然な毛髪の流れ」を再現できるクリニックを選択することが重要なのです。

 

 

決して一方向から生えているのではない「つむじ」をあくまでも自然に、丁寧に施術をしてくれることが最低限の条件とも言えるのです。

 

つむじ部分を自然に植毛する事ができるのかは、クリニックのホームページや資料などで実際の施術例をみることで分かります。ホームページで症例写真を紹介している場合は、クリニック選びの参考にしましょう。

 

ホームページでは紹介していない場合でも、施術例などの写真が載ったパンフレットなどを無料で送付してくれるところもあります。

 

不安な場合は、実績と経験豊富なクリニックの電話無料相談なども積極的に活用しましょう。