植毛手術後はタバコを控えるのがおすすめです

植毛後の毛髪を維持するためには、タバコを控える方がおすすめです。タバコは百害あって一利なし、です。

 

 

 

タバコの害とは

タバコは植毛したかどうかに関わらず、薄毛の一つの原因と言われています。

 

植毛後に禁煙した人

タバコには「ニコチン」と呼ばれる成分が含まれています。この「ニコチン」には血管を収縮させる作用があるので、タバコを吸うと血流が悪くなってしまうのです。

 

頭皮の血流が悪くなると、毛根に酸素や栄養が届かないようになります。毛根の衰退を招いてしまいます。結果として、抜け毛につながってしまうのです。

 

まだ残っている頭髪に関しても影響を与えるのがタバコです。せっかく新しく健康な毛根が定着してもタバコを吸うことで血管が収縮し、毛根に栄養や酸素が行き渡らない状態になれば健康な毛根もやがて衰えてしまいます。

 

再度の植毛をしないで済むようにするためにも禁煙は必須です。

禁煙の方法とは

禁煙外来を利用する

 

禁煙外来のイラスト、にこやかな先生とにこやかな患者さん、背後に病院が描かれている、赤い十字マーク

タバコは依存性の強いものとして知られています。アルコールよりも依存性が強いのです。

 

ニコチンには強い中毒性があり、体内からニコチンがなくなると欲してしまうわけです。

 

禁煙外来を利用することで、体内に入れるニコチン量を制限していきます。いきなりゼロにするのではなく段階を踏んでゼロを目指していくので、身体に大きな負担をかけるようなことはありません。

 

電子タバコはおすすめ?

 

あまり効果が高いとは言えません。

 

電子タバコに関しては、ニコチンは含まれていないのです。単に口寂しさを解消しているに過ぎません。

 

確かにたばこ味がついているものもありますが、ニコチンを摂取できないのでどうしてもタバコを欲してしまいます。

 

禁煙外来の利用とは違って電子タバコの場合は強い意志がなければ成功できません。気を紛らわすために利用する、という程度の付き合い方が適切です。