植毛方法によって相場価格が違います

植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」の二つの種類がありますが、それぞれ手法も相場も大きく異なります。

 

自毛植毛の相場

自毛植毛の相場

「自毛植毛」は、自分の毛髪が生えている部分の皮膚を移植する外科的手術で行います。自家移植ですので、不適合が起こりにくく皮膚定着に問題も生じにくいのが特徴です。

 

ですが、植毛手術は保険適用外の医療行為ですので、全額自己負担となります。

 

手術を行う機関によって、また手術を行う面積によっても値段の差はありますが、100万円から200万円が相場となっています。

 

自分の皮膚を移植するだけですので、メンテナンスや診察などの維持費は必要ありません。

 

自毛植毛の場合は、手術後に維持費がかかることはありません。ただし、予防のため薄毛治療の内服薬を利用する場合は別途費用がかかります。

 

人工毛植毛の相場

人工毛植毛の相場

一方、「人工毛植毛」の場合は、植毛する本数によって値段が変わってきます。1本当たり200円から500円と、植毛を行う機関によって値段の差は大きくあります。

 

そして植毛する本数の値段に、基本診療費などもかかってきますので、その点も植毛を行う機関に問い合わせる必要があります。

 

「人工毛植毛」と「自毛植毛」をどちらも行っているクリニックの場合は、「人工毛植毛」の方が安い値段設定になっていることが多いです。

 

「自毛植毛」手術が100万円から200万円ほどかかるのに対し、「人工毛植毛」の場合は50万円から150万円が相場になっています。

 

一方で「人工毛植毛」の場合は、一度抜けおちてしまうともう生えてくることがありませんので、メンテナンスを行う必要が生じます。

 

メンテナンスの際にも1本当たりの値段と基本診療費がかかってきますので、長期的に見ると、「自毛植毛」と値段が変わらないもしくは「自毛植毛」の方が安くなることも多いです。

 

どちらの植毛を行う場合にも、専門のクリニックなどに相談することが大事です。無料で相談を行っているクリニックなどを積極的に活用し、植毛に関する疑問を解消しましょう。

 

各クリニックの植毛費用比較〜1,000グラフト(株)あたり〜

クリニック名 費用(税別)/1000グラフト
親和クリニック 1,100,000円
アスク井上クリニック 1,165,000円
アイランドタワークリニック 1,400,000円

 

1グラフト(株)当たりの髪の毛の本数は、2本から3本が平均となっています。ですから、1,000株を植毛すると2,000本から3,000本を植毛することになります。

 

1,000グラフトの植毛であれば前頭部だけの薄毛であればだいたいカバーできます。頭頂部の薄毛の場合はそれほど広範囲の薄毛ではないケースであれば、対応できる本数です。

 

植毛費用は変わらないけど予約は早めに

植毛が安い時期

特に適した季節や時期と言うものはなく、植毛を行うのに安い時期というものはありません。

 

季節や時期によって費用が高くなることはありませんが、ゴールデンウィークや盆休みなどは予約がとりづらくなります。

 

世間一般が休みの時に植毛手術を検討する場合は、早めのスケジュール調整が必要になります。長期休暇や土日など会社などがお休みの時期を利用して行いたい人は、早めに予約しましょう。

 

長期休暇や土日、連休などを利用して植毛を行いたいと考える方が多いので、予約が早めに埋まってしまうのです。

 

なぜ植毛クリニックはキャンペーンを実施するのか?

顧客を獲得するため

植毛クリニックは全国各地に出来始めました。そこで顧客の取り合いが起こっているのです。

 

植毛クリニックとしても利用してくれる人がいなければ、経営は成り立ちません。実際に倒産してしまう植毛クリニックも出始めているのです。

 

キャンペーンで安い価格で行われる施術の質を気にする人もいるかもしれません。しかし心配はありません。植毛クリニックとしても、継続して利用してもらいたい、といった気持ちがあるので普段通りの施術を行ってくれます。

 

2018年の6月に医療ガイドラインの改定があって植毛クリニックはキャンペーンという名前で費用を割り引くことができなくなりました。各クリニックは、費用設定自体を安くするなどして対応しています。