生まれつき広いおでこは植毛手術の相談をしてみましょう

生まれつきおでこが広い

年齢による毛髪の後退ではなく、生まれつき広いおでこで悩んでいる方も少なくありません。生まれつき広いおでこを狭くする手術はあるのでしょうか?

 

「自毛植毛」や「人工毛植毛」で生まれつき広いおでこを狭くする手術を行おうと考える人も多いですが、本来なら毛がなかった場所に毛髪が生えるので人によっては不自然さを伴うことも珍しくありません。

 

元々髪が生えていてそれが抜け落ちた場合なら植毛手術を行うことで自然さを取り戻すこともありますが、本来髪が無い場合はどうしても見た目に違和感を与えてしまうのです。

 

生まれつき広いおでこに悩む方は、まず医師の診断を受け、ミノキシジルなどの外用薬やプロペシアなどの内服薬を処方してもらい、様子を見てから植毛を行うことがベストの選択です。

 

アイランドタワークリニックは日本一の症例数の実績があり、植毛経験者によるアドバイスを受けることができます。実際に「おでこ」が広いという悩みを持った方は実は少なくありません。

 

おでこが広いと言っても、かなりの個人差があります。プロのアドバイザーに悩みと状況をヒアリングしてもらい、自分のおでこに植毛手術ができそうかを確かめてもらう事もできますので、気軽に相談してみると良いでしょう。

 

アイランドタワークリニックの無料カウンセリングの詳細はこちら

自毛植毛で生まれつきの広いおでこを狭くする

自毛植毛でおでこを狭くした人

外用薬や内服薬でおでこの部分に改善が見られない場合は、「自毛植毛」で自分の毛が自然に映える手術を行えます。

 

特に自然なおでこのラインを決めることが、生まれつき広いおでこを改善する際に大きなポイントになります。

 

美的感覚に優れた医師が、個人個人に合わせて的確におでこのラインを決めてくれるクリニックを選択することが重要なのです。

 

不安に思う点がある場合やおでこの生え際のラインが気になる場合は、無料でできるクリニックの電話相談などを利用して、植毛を行う前に全て解消しておきましょう。

 

関連記事

おでこの広さは植毛でカバーできるか?

 

女性の広いおでこにも植毛できるのか?

女性の広いおでこへの植毛も可能

 

おでこの広さで全く印象が異なることを表現しているイラスト、おでこが広くなると顔が多い置い効く見えたりのっぺり見えたりしてしまう、髪の毛が多くなると童顔にも見え、若々しく感じさせることが可能

生まれつきのおでこの広さというものには個人差があります。男性だけではなく、女性もおでこの広さに悩んでいるケースは珍しくありません。

 

特に女性でおでこが広いと前髪を作るのが難しくなります。さらに顔が大きく見えてしまう、といったスタイルにも関わる問題が発生してしまうわけです。

 

注意してほしいのが、おでこの植毛で重要なヘアラインは男性と女性では異なる、という部分です。

 

自然なおでこのヘアライン

富士額(丸みを帯びたデザイン)

女性

M字がたの緩やかなカーブ

男性

女性なのに、男性のようにM字型にしてしまうと不自然さがでてしまいます。男性なのに、富士額にしてしまうと不自然さが出てきます。

 

おでこへの植毛を考えている方は、「男性と女性のおでこのヘアライン違い」というものをしっかりと理解しているクリニック(ドクター)を利用してください。