植毛は飲んだり、塗ったりする薬は使うの?

植毛は内服薬や外用薬は使うの?

自毛植毛や人工毛植毛は手術なので基本的に治療において内服薬や外用薬を用いることはありません。
(手術直後のみ、痛み止めがでる場合があります。)

 

発毛は基本的には薬物治療になるので、植毛後に併用される「発毛のお薬」についても知っておくと良いでしょう。

 

最近では、早く処置が必要な部分には自毛植毛手術を施して、今後、薄毛になると思われる部分には自分の毛を生えさせる「発毛薬」の使用や「AGA治療」を実施するといった植毛と発毛の併用スタイルが増えているのが現状です。

 

薬物治療をするための条件

植毛という手段は、薄毛治療の最終手段として選ばれることが多いです。「薄くなったな…。そうだ、植毛しよう!」となることはあまりなく、「薄くなったな…。まずは発毛などの薄毛治療をしてから、どうしてもダメだったときに植毛を行おう!」となることが多いのです。

 

植毛手術には数十万円〜数百万円ものお金がかかりますが、発毛等の薄毛治療なら月々数千円〜数万円程度のコストで済むということも、植毛前に発毛をする人が多い理由として挙げられるでしょう。

 

また、外科的手術には抵抗があっても、内服薬や外用薬による薬物治療なら抵抗が少ないという人も多いでしょう。

 

ただし、薄毛なら何でも薬物治療が有効なわけではありません。

 

AGA(Androgenetic Alopecia、男性型脱毛症)もしくはFAGA(Female Androgenetic Alopecia、女性男性型脱毛症)の男性ホルモンによる薄毛の場合に限り、内服薬や外用薬による治療効果を期待できるのです。

 

ご自身の薄毛がどんな原因の薄毛なのか、まずは植毛や薄毛治療を専門で扱うクリニックで相談してみましょう。

 

ほとんどのクリニックが無料カウンセリングを実施しているので、薄毛の原因を突き止めてから、その原因に合った治療が1番効率も良く、無駄なお金や労力がかからないので遠回りしないで済みます。

 

薄毛治療に使われる内服薬

薄毛治療に使われる内服薬

薄毛治療の有効成分を含む内服薬は基本的に発毛専門のクリニックで処方されますので、ビタミン補給などのサプリメントを除き、ドラッグストアや薬局などでは購入することができません。

 

ここでは、具体的に薄毛治療に使われる有名な内服薬を紹介します。

 

フィナステリド

フィナステリドは、元々は前立腺肥大の治療薬として開発された成分です。副作用として発毛効果が見られたため、安全性を確認された結果、AGAの治療薬として認可されました。

 

また、フィナステリドには抜け毛予防効果も認められています。一般的には「プロペシア」という商品名で流通しており、ファイザーやトーワといった大手製薬会社からもジェネリック医薬品が販売されています。

 

尚、フィナステリドは、女性および未成年者への処方は認められていません。「薄毛が気になるから」と安易に家族や知人の医薬品に手を出さず、病院で診察を受けて、自分に合った医薬品を処方してもらうようにしてください。

 

デュタステリド

デュタステリドは、フィナステリドと同様、元々は前立せん肥大の治療薬として開発された成分です。AGA治療効果が認められ、日本でも2015年に厚生省の認可が下りました。「ザガーロ」という商品名で医師の処方の下、購入することが可能です。

 

ミノキシジルタブレット

毛根部分の血行を良くする効果がある成分、ミノキシジル。外用薬としても使用されますので、内服薬としてミノキシジルを使用する場合は、外用薬のミノキシジルと区別して「ミノキシジルタブレット」と呼ぶことが多いです。

 

ミノキシジルタブレットには、頭皮の血行を促進し、発毛を促す効果があります。ただし、人によっては頭部以外の体毛も濃くなることがあります。フィナステリドと同様、きちんとクリニックで診察を受けた上で入手することをおすすめします。

 

ビタミン類

ビタミン剤のサプリメントを服用したからと言って、薄毛の症状が緩和されるということはありません。

 

ですが、薄毛は、ストレスや栄養バランスの崩れ、乱れた生活リズムなどによって促進することもありますので、外用薬や内服薬による治療を受けながら適切なビタミン剤を摂取することで、薄毛の積極的な改善につながることがあるのです。

 

薄毛治療のクリニックでは、薄毛改善に良いとされる成分を効果的に配合したオリジナルのビタミン剤を処方していることもあります。

 

もちろん、各自が気になる成分のビタミン剤をドラッグストア等で購入し、自己判断で補給することもできるでしょう。全体的なビタミン不足が気になる人はマルチビタミン、血行促進効果を重視する人はビタミンBやEなどのビタミン剤を購入しましょう。

 

薄毛治療に使われる外用薬

薄毛治療に使われる外用薬

一方、外用薬は、クリニックで処方されるものもありますが、OTC医薬品(医師の処方せんなしに購入できる医薬品、一般用医薬品と要指導医薬品に分類できます)としてドラッグストアや薬局等で気軽に購入できるものもあります。

 

ただし、クリニックで処方してもらう医薬品の方が、有効成分が多く入っていることもありますので、高い効果を期待するならばクリニックで処方してもらう方が良いでしょう。

 

以下、具体的に薄毛治療に使われている外服薬を紹介します。

 

ミノキシジル

血行促進効果と血行促進による発毛効果が期待できるミノキシジル。頭皮に直接塗布することで、頭皮を発毛しやすい状態に改善していきます。「リアップ」の名前でドラッグストア等で誰でも購入することができます。

 

ただし、ミノキシジルの濃度によっては処方箋が必要になることもあります。

 

発毛クリニックでも、外用薬として処方されるほとんどの医薬品にはミノキシジルが有効成分として入っています。継続することで効果が期待できますので、医師の指示や商品説明書に従い、適切な期間、適切な容量・方法で塗布していくようにしましょう。

 

アラファトラジオール

アラファトラジオールは、女性にも男性にも薄毛治療効果が期待できる外用薬の成分です。抜け毛を予防しますので、早期治療にも適していると言えるでしょう。商品名は「パントスチン」で、入手するためには医師による処方箋が必要になります。

 

治療効果は個人差が大きい

薄毛治療の薬剤の効果は個人差が大きいですので、多くの人に効果があると言われている医薬品であっても、利用した人によっては何の効果も得られないかもしれません。

 

数ヶ月ほど続けてみても効果が得られないときは、他の医薬品に乗り換えるのも必要なことと言えるでしょう。治療効果がなかなか見られないときやどの程度続けてから判断すれば良いのか迷ったときは、薄毛専門のクリニックで相談してみてください。