広い範囲(メガセッション)の植毛は何本くらいまでできるの?

広範囲(メガセッション)の植毛は何本までできるの?

自毛植毛は、自分の毛髪(毛根)を髪が薄い部分に移植する方法です。

 

ここで疑問が1つ生じますよね。元気な毛髪が生えてくる毛根がなければ移植は実施できないわけですから、あまりにも広範囲の薄毛には対応できないのではないか?と。

 

実際のところは、どの程度の範囲なら自毛植毛が可能なのでしょうか。また、広範囲に自毛植毛する場合はどのくらいの費用がかかるのかについても解説してまいります。

 

広範囲の植毛は一回で何本までできるのか?

先に結果だけをお話しすると、5,000本〜7,500本なら1回で植毛が可能です。

 

かつては、1回の植毛で多くても1,000株(グラフト。本数にして2,000〜3,000本)しか移植できませんでした。

 

ですが、植毛技術は日々進歩していますので、現在ではほとんどのクリニックで2,000株(約5,000本)、広範囲の植毛を謳っているクリニックでは3,000株(約7,500本)を1回に移植することが可能です。

 

5,000本〜7,500本なら、頭頂部のかなりの範囲が薄くなっている人や額の生え際のM字がかなり深くなっている人でも覆い隠すことが可能です。「広範囲だから、自毛植毛は無理かも」と自己判断してしまうのではなく、まずはクリニックで相談してみるようにしましょう。

 

メガセッションと表示しているクリニックを選ぼう

広範囲の自毛植毛に力を入れているクリニックでは、「メガセッション植毛」や「メガセッション術式」等、「メガセッション」という言葉を使って広告しています。

 

「メガセッション」とは広範囲の手術を1回で実施することを指していますので、広範囲の薄毛をカバーしたいと考えている人は、「メガセッション」という言葉を使っているかどうかもクリニックを選ぶ基準にしてみても良いですね。

 

1回に移植できる量よりもドクターの技術やセンスが大切

広範囲の薄毛が気になる人は、やはりどうしても「何本(何株)移植できるのか」という点でクリニックを選びがちです。

もちろん、広範囲の植毛に慣れているクリニックを選ぶことは大切ですが、本数や株数よりも、ドクターの技術やセンスで仕上がりが大きく左右されてしまうという点を忘れてはいけません。

 

少ない本数でも多くあるように見せる技術

薄毛部分がない場合は、人間の頭皮には平均10万〜15万本の毛髪が生えています。仮に5,000本の植毛を実施したとしても、全体から見ればわずか20分の1〜30分の1の量ですので、びっしりと隙間なく植毛するなら広範囲の薄毛をカバーすることはできません。

 

ですが、正面から見える部分には濃い密度で植え、サイド部分や目立ちにくい部分には低い密度で植えるなどの工夫を凝らすなら、5,000本しか植毛しなくてもかなりの広い範囲をカバーすることができるのです。

 

つまり、何本植えるかということも重要ですが、それ以上に医師のセンスや技術が重要だと言えるのです。

 

ドクターのセンスを実例でチェック

クリニックのドクターがどのようなセンスと技術を持っているのかは、ドクターの作品とも言うべき「実例」を見れば分かります。

 

ホームページでも何点か公開されていますが、ホームページ上に公開されているものはドクターの作品の中でも特によくできているものですから、本当の実力を知りたいときは、やはりクリニックまで足を運んでクリニックで実例集を見せてもらうのが一番です。

 

自毛植毛は決して安い手術ではありません。また、失敗したからといって気軽に直せるものでもありません。後悔の無い施術を実現するためにも、かならずクリニックでカウンセリングを受けて、なるべく多くの実例を見せてもらうようにしてくださいね。

 

植毛する本数と費用は比例する

植毛の本数と費用は比例します

基本的には、植毛する本数(株数)と植毛の費用は比例関係にあります。

 

ただし、血液検査や初診料などのベースとなる費用がありますので、本数が多ければ多いほど、少しは割安にはなります。

 

広範囲の植毛の費用は100万円を超える

クリニックによって差はありますが、2,000株〜3,000株(5,000本〜7,500本)を移植するメガセッション自毛植毛の費用は、安いところでも100万円は超えます。また、高額なクリニックでは250万円を超えることもあります。

 

もちろん、高額なクリニックが自然に見えるわけでもありませんし、低額なクリニックが高額なクリニックよりもおトクだと一概に言えるわけでもありません。

 

ご自分の目で実例をチェックし、納得できる手術を実施してくれるクリニック、そして技術とセンスが優れたドクターを選ぶようにしてください。

 

範囲によっては2回の手術を勧められることもある

自毛植毛を希望する範囲によっては、2回に分けて手術することを勧められることもあります。また、採取部分の傷の回復を待ってから、1〜2年ほどの間隔を開けて手術をする方が良いと診断されることもあります。

 

今すぐフサフサになりたいという気持ちは、誰にとっても自然な感情です。ですが、納得できる仕上がりを完成させるためには時間をかける方が良いということもありますので、しっかりと医師と話し合って最高の自毛植毛を完成しましょう。

本数以外にも注目しよう

広範囲の自毛植毛を希望する人は、どうしても「どれだけの量を移植できるか?」という一点でクリニックを選びがちです。

 

もちろん、クリニックを選ぶ際、広範囲の自毛植毛(メガセッション植毛)を専門に実施していることは大切なポイントになりますが、本数だけでは分からないドクターのセンスやスキルにも着目するようにしてください。

 

満足できる仕上がりのためにも、さまざまな角度からクリニックやドクターを吟味するようにしたいものです。