今の技術であれば傷跡は限定的です

メスを使う植毛手術

自分の毛髪が生えてくる「自毛植毛」には、大きく分けてメスを使う方法とメスを使わない方法の2種類があります。

 

メスを使う方法は毛髪が豊富にある頭皮を切り取り、植毛が必要な個所に移植する方法です。メスは使いますが局所麻酔を行うので、実際には痛みはほとんど感じません。

 

手術後に皮膚がつっぱる感覚を感じることもありますが、処方される痛み止めを服用すれば耐えがたいほどの痛みは感じません。このメスを使用する自毛植毛場合は、皮膚を切るので切った個所に傷跡が残ります。

 

以前は大きく切り取ることが多く傷跡もなかなか消えないと言うようなことがありました。しかし現在では細かくブロック分けして皮膚を切り取るといった丁寧な仕事を行うクリニックが多く、傷跡は限定的です。

 

傷跡が残りにくい方法とは?

「自毛植毛」のもう一つの手法「メスを使わない植毛方法」は、毛根がある頭皮を直径1mm以下の単位で「株」として切り取ります。切り取った後も何日かは赤くぽつぽつとした点状のかさぶたが見えますが、そのかさぶたが取れると傷跡は見えにくくなります。

 

しかも植毛するときも株ごとに植え込むので定着率が高く、ほとんどのクリニックで95%以上の定着率を達成しています。デメリットとしては非常に細かい作業なので、実施しているクリニックがまだ日本には少ないと言うことと、メスを使う植毛に比べて費用もかかるということです。

 

しかし傷跡は圧倒的に範囲が小さいので、傷跡を重視するのであればFUE法(メスを使わない施術法)が一番おすすめの方法なのです。

 

植毛手術は経験豊富なクリニックで

メスを使わない植毛方法は、施術する医師やスタッフの技量にも大きく左右されます。

 

 

 

 

人工毛植毛と傷跡について

傷跡は残りにくいが・・・

 

人工毛植毛は後頭部や側頭部から自毛を採取する必要が無いので、後頭部や側頭部に傷跡は残りません。

 

一方で人工毛を植える部分に違和感が出てきてしまうケースが多く報告されています。人工毛を深く植えすぎることによって頭皮がボコボコとしてしまうような症状も多く見られるのです。

 

たしかに人工毛を選択すれば自毛植毛よりも傷跡は残りにくいです。しかし場合によっては頭皮に違和感が出てきてしまう恐れもあるので、安易に人工毛植毛に選択してはなりません。