自毛植毛手術は健康保険も医療保険も適用外!

自毛植毛手術は数十万円以上、高い場合では200万円近くかかりますので、少しでも費用負担を減らしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

 

自毛植毛に健康保険は使えません

しかし、残念ながら自毛植毛では使える保険はありません。

 

健康保険や民間の医療保険が適用されるのは、健康を維持していくために必要な治療行為や手術だけです。

 

例えば美容整形を病院で医師に実施してもらったとしても、美容整形は健康維持に欠かせないものではありませんので、健康保険も民間の医療保険も適用されません。

 

もちろん、高額療養費や医療費控除の対象にもなりませんので、上限額以上が後日還付されることもありません。

 

自毛植毛手術は美容外科の一種

自毛植毛手術は、美容関連の手術です。とはいえ、すべての人が「もっと格好良くなりたい」などの純粋な美容目的で自毛植毛手術を受けるわけではありません。

 

「薄毛のために強い心理的なストレスを受けている。精神的に健康になるためには、自毛植毛手術を受けなくてはならない」と考え、自毛植毛手術に踏み切る人も少なくないのではないでしょうか。

 

しかしながら、同じような薄毛状態の人でも心理的ストレスを感じずに生活している人はいますし、かつらや帽子などの自毛植毛手術よりは安価な薄毛対策も世の中にはたくさんあります。

 

そのため、心理的ストレス解消のために自毛植毛手術をしたと主張しても、自毛植毛手術の必然性を証明することはできず、保険が適用されることはないのです。

 

医療機関で発毛剤を処方してもらう場合も保険適用されません

発毛剤を処方

植毛を行う前に皮膚科などでプロペシアなどの内服薬を処方してもらう場合や、ミノキシジルが配合された外用薬を処方してもらう場合も、自由診療なので保健適応外です。

 

ミノキシジルとプロペシアですが自由診療で自己負担率100%でも、一カ月7,000円から10,000円程度で処方してもらう事が可能です。

 

植毛手術と併用する方も多いので、気になる方は気軽に皮膚科や植毛専門クリニックなどに相談しましょう。

 

特殊な場合でも保険は適用されないの?

ただし、すべての自毛植毛手術が、美容目的の薄毛治療に分類されるわけではありません。

 

例えば、大きなケガややけどのために局所的に毛髪が生えなくなってしまった場合やがんの化学療法のために毛髪が抜け落ちてしまった場合は、単なる加齢による薄毛とは異なりますよね?

 

しかしながら、ケガややけど、化学療法のために毛髪がなくなってしまったとしても、治療方法は自毛植毛手術しかないわけではありません。

 

帽子やウィッグを被ってカバーすることもできますし、希望の髪型のかつらを作ってもらってカバーすることもできるからです。

 

もちろん、カバーせずにありのままの状態で過ごすのもアリでしょう。

 

そのため、自毛植毛手術は「健康状態を維持するために不可欠の手術」とはなりませんので、費用が健康保険や医療保険の適用内になることはないのです。

 

医療用かつらも健康保険適用外

化学療法などで毛髪が抜け落ちてしまった人向けのかつらを「医療用かつら」と言います。「医療用」という名前ですので健康保険が適用されそうなイメージですが、こちらのかつらも健康保険対象外です。

 

ただし、民間の医療保険の中にはがんに特化した保険で「医療用かつら」を保険金支給の対象に含めているものがあります。万が一のときに医療用かつらを安く作りたい人は、医療用かつらが保険金支給対象内になっている保険を選ぶことができますね。

 

どのクリニックも自毛植毛手術は保険適用外!技術で選ぼう

クリニックに関係なく、どこでも自毛植毛手術は保険が適用されません。国の健康保険はもちろん民間の医療保険も適用されませんので、「保険が適用されるか」ではなく「すぐれた技術なのか」でクリニックを選ぶようにしてください。

 

また、通いやすさや妥当な価格であること、アフターケアがしっかりしていることなども、クリニック選びにおいて吟味すべきポイントです。

 

「もしかしたら保険が適用されるかも」などと淡い期待を抱くのではなく、全額自己負担でも納得できるクリニックで自毛植毛手術を受けるようにしましょうね。