韓国やタイなどの海外で植毛手術を受けることも可能です

海外で植毛手術をうけることもできます。

美に対する意識が高い国と言われている韓国では、整形手術や植毛手術を行う方は多いです。同様にタイも整形手術や植毛手術が発達した国と言われています。

 

韓国やタイに植毛手術を受けるために行くツアーもあり、毎年多くの日本人が利用しています。植毛の技術が高いクリニックも多く、気軽にネットを通して申込ができることも多いのも人気の高い理由です。

 

植毛を韓国やタイなどの海外で受ける時は、ツアーに参加するほうがおすすめです。ツアーの場合は日本語の通訳も必ず付くので、クリニック側に希望などを正確に伝えられます。

 

こちらでは海外で植毛を受けるメリットとデメリットについて解説します。

 

海外で植毛を受けるメリットとは?

海外で植毛手術を受ける最大のメリットは、費用が安いと言うことです。

 

海外の植毛は費用が安い

4,000本から5,000本の植毛を受ける場合でも、往復の飛行機代、現地での宿泊代、植毛手術代、通訳代、現地の空港からクリニックまでの移動代などを全て合わせても100万円しません。

 

日本国内で同じ本数の植毛手術をおこなったら200万円することも珍しくありません。

 

価格重視の方は海外での植毛も視野に入れましょう。

 

海外で植毛を受けるデメリットとは?

もし手術に満足がいかなかった場合や痛みなどの不具合が出た時に、すぐに再訪できないのがデメリットです。つまり、アフターケアが難しいというのがデメリットになります。

 

再手術を格安で行うことを契約に入れている海外のクリニックもありますが、渡航費や宿泊費などは保証されていない場合がほとんどです。実質的には最初にツアーで行った時と同じだけの金額がかかることになります。

 

もちろん痛みや違和感があるときに日本国内の植毛クリニックを受診することも可能です。しかし他のクリニックで行った植毛手術に対する治療にかかる費用が非常に高くなったり、受診することすらもできなかったりする場合もあります。

 

韓国の自毛植毛事情!知っておくべき5つのポイント

韓国で自毛植毛を受ける場合のメリット・デメリット


美に対する意識が高い人が多い韓国。美容整形外科が多く、価格も日本と比べて安い傾向にあります。

実は、日本から美容整形を受けに行く人も少なくありません。

また、近年は自毛植毛手術を専門に扱うクリニックが増えてきており、日本から手術を受けるために訪韓する人も増加してきました。韓国の自毛植毛事情と韓国で自毛植毛手術を受けるメリット・デメリットについて解説していきます。

1.韓国では「毛髪移植」という呼び方をする

韓国では、自毛植毛手術のことを「毛髪移植手術」と呼びます。普段の会話の中でも、「友だちが毛髪移植をして…」と気軽に話したり、「今度、毛髪移植手術を受けようと思うんだけど、どこが良いかな?」と相談したりします。

もちろん、みんながみんな開けっぴろげに言うわけではありませんが、アイプチ感覚で二重手術をする国ですので、自毛植毛手術に対してもあまり抵抗感はありません。さらに砕けた言い方では「ハゲに植える」という表現も使います。ネットの健康美容関連の自由掲示板を見ると、「ハゲに1,000本ほど植えようと思うんだけど」と相談する人もたくさんいますよ。

2.ソウルの江南区アックジョンが自毛植毛の聖地

ソウルの中でも特に高級住宅地が多い江南区(カンナムと発音します。ユーチューブで「江南スタイル」という歌が流行りましたね)の中でもオシャレなショップや高級飲食店が集まる「アックジョン」周辺に、自毛植毛のクリニックが集まっています。

アックジョンは、美容整形外科が集まるところとしても知られています。「美容整形ストリート」とも呼ばれる道には、大手の美容整形クリニックのビルや小規模の美容整形医院がたくさん入った雑居ビルが並んでいます。

この周辺を歩いている人は、女性なら「美容整形」や「アンチエイジング手術」、男性なら「毛髪移植」の目的なのかもしれませんね。

3.頭髪だけでなく眉毛やひげ、アンダーヘアも「毛髪移植」

毛髪移植は頭髪にだけ行うのではありません。頭髪への毛髪移植が一般的ですが、眉毛やひげの毛髪移植も多くのクリニックで実施されています。

また、生まれつきアンダーヘアが生えない人向けの「無毛症対策移植」を実施しているクリニックも少なくありません。韓国では、さまざまな部位に必要な量だけ毛髪移植することができるのです。

4.女性に人気の生え際植毛

自毛植毛を実施するのは男性だけではありません。女性には「生え際」に自毛植毛をすることが人気です。

自毛植毛クリニックのホームページを見ると、「生え際の毛髪移植でカンタンに小顔になれる」「不揃いな生え際はNG!」などの宣伝文句が並び、女性も気軽に自毛植毛手術を受けていることが分かります。

韓国ではおでこを全開にするヘアースタイルの女性が日本よりも多いですので、自然と「生え際」が気になるのかもしれませんね。

また、韓国では、結婚式でウェディングドレスを着るときと韓服(韓国の民族衣装、女性の場合はチマチョゴリ)を着るときに、前髪を上げないスタイルはあり得ないとされていますので、結婚式前や旧正月前の時期に生え際植毛をする女性が多いですよ。

5.基本は日帰り!2,000株程度なら3〜4時間で植毛完了

韓国の自毛植毛手術は、日本と同じで基本的には日帰りで完了します。クリニックによっても差がありますが、2,000株程度の植毛なら3〜4時間で完成することが多いです。尚、大量の自毛植毛は数日に分散して実施することが一般的です。

5,000株ほどなら、1回の手術で1,000〜2,000株を植毛して、2〜3回で完成させます。

韓国で自毛植毛手術を受ける3つのメリット

韓国で自毛植毛手術を受けることには、次の3つのメリットがあります。

 

1.費用が安い!2,000株で日本円25〜50万円程度

自毛植毛手術を実施しているクリニックが多いため、費用も日本よりは抑えられています。クリニックにもよりますが、2,000株程度で日本円25〜50万円のことが多いです。

 

テレビや雑誌などのメディアで大々的に宣伝しているクリニックは相場よりも高くなることが多いですが、その分、安心感がありますので日本人などの外国人にも人気です。

 

2.手術が早い!技術力の高さとスタッフの多さ

韓国で自毛植毛手術をするときは、少なくとも5人、多い場合では12人ものスタッフが同時に付き添って手術を行います。そのため、毛根の採取から選別、植毛がスピーディに行われ、わずかな時間で植毛手術を終わらせることができます。

 

もちろん、手術の速さは技術力の高さにも基づいています。自毛植毛の先進国であるアメリカで技術を学んだドクターも多く、韓国で大勢のクライアントに手術をすることでさらに技術が磨かれ、スピーディかつ正確な植毛を完成させて行くのです。

 

3.採取跡を目立ちにくくしてくれる

採取部分を切り取るのではなく、1株ずつレーザーでくりぬく「FUE法」をほとんどのクリニックで実施しています。

 

それだけでなく、採取部分を広範囲に分散させて傷跡が目立ちにくくなるように工夫してくれますので、手術を受けた日でも周囲の人に気付かれないで済む可能性もあります。

 

韓国の自毛植毛に見られる3つのデメリット

費用の安さや手術の早さ、傷跡の目立ちにくさなど、優れた点が多い韓国の自毛植毛手術ですが、次のようなデメリットもあるので注意が必要です。

 

1.美的なセンスが日本人とは異なることが多い

美にこだわる韓国の植毛手術ですが、そもそもの美意識が日本とは若干異なるという問題があります。例えば、日本で自毛植毛手術をするときは生え際が不規則になっている方が「自然で美しい」とされますが、韓国では円を描いたように丸くなっている方が「完璧で美しい」とされています。

 

そのため、韓国の自毛植毛クリニックのホームページで公開されている手術実例を見て見ると、日本人から見るとかなり不自然な生え際であることが多いのです。

 

韓国の美意識がすんなりと合う人には良いかもしれませんが、日本的な美意識でないと納得できない人は、頭頂部など生え際と関係の無い部位のみ自毛植毛手術を受ける方が良いのかもしれません。

 

2.こまめにカウンセリングを受けることができない

やはり韓国のクリニックは遠いですので、「なかなか生えてこない」「思ったような効果が得られない」「何となく頭がむずむずするんだけど」といった些細な質問をするために、わざわざ韓国に行くことはできませんよね。

 

1度で満足のいく結果が得られるのなら問題はないのですが、何度か通うことを想定しているなら、韓国のクリニックで自毛植毛手術を受けることはおすすめできません。

 

3.外国人価格が適用になることがある

大手のクリニックでは誰が手術を受けても明朗会計なのですが、小規模のクリニックや悪質なクリニックでは、「韓国人用の価格表」と「外国人用の価格表」の2つが用意されていることがあります。

 

韓国では飲食店(特に観光地の飲食店)でも、「韓国人用のメニュー」と「外国人用のメニュー」が用意されており、記載されている価格が異なることが日常茶飯事です。

 

クリニックを予約する前にかならず口コミをチェックし、適切な価格で自毛植毛手術を実施してくれるクリニックなのか確認しておきましょう。

 

韓国語が話せて韓国に頻繁に行く人にはオススメ

価格の安さや技術面など優れた要素が多い韓国の自毛植毛クリニックですが、やはり納得できる手術を実施しようと思うなら、韓国語が話せて韓国語で意思疎通ができること、そして、頻繁に韓国に行ける状態にあることの2つが必須条件になると言えます。

 

もちろん、韓国では日本語に堪能な人も多いですので、日本語しか話せなくてもコミュニケーションに困らないクリニックもたくさんあります。

 

しかしながら、細かい要望を伝えるためにも、そして、外国人用価格が適用されないためにも、ある程度の韓国語能力は必要となるでしょう。また、気になる点が出てきたときにすぐに相談することができるためにも、年に何度かは韓国に行く人の方が適していると言えますね。