植毛手術中は痛みを伴いません

植毛手術で痛みについて解説するドクターのイラスト

植毛手術は局所麻酔を用いて行うので、手術中に痛みを感じることはありません。

 

局所麻酔とは施術部位近辺の感覚を感じにくくする麻酔で、歯の治療の際にも利用されます。

 

痛みよりも不安を感じる方には、精神安定剤も併用します。極力怖さや痛みを感じないように対処するクリニックも多くなってきました。実際に植毛手術を行った方に痛みはあったのかを尋ねると、ほとんどの方は手術中に痛みは全く感じなかったと述べています。

 

「自毛植毛」の場合は後頭部などの毛髪が豊富な場所から健康な毛髪がある皮膚を切って、植毛が必要な場所へ植え込む手術を行います。ある意味で軽く切開することになるので、手術が終わった後に毛髪のある皮膚を採取した場所が痛むことはあります。

 

毛根を採取した部位の痛みは突っ張るような感覚が多いです。その術後の痛みに対処するためにどのクリニックでも痛み止めを処方するので、「痛くて耐えられない」などという痛みにまで発展する可能性は低いです。

 

「自毛植毛」の場合は、移植した皮膚が定着しているかを調べるために術後1週間程度でクリニックを再受診しますが、この時にはほとんどの人が「皮膚のつっぱり感」などの違和感や、鈍い痛みを感じてなくなっています。

 

痛みに不安がある場合はどうしたらよい?

痛みが不安な人

植毛手術は術中の局所麻酔と術後の痛み止めにより、痛みをほとんど感じない手術なので安心してください。

 

不安がある場合や痛みに弱い方は、実績と経験豊富なクリニックの無料電話相談などを通して痛みに対してどのような対策を取っているのかを尋ねて不安を解消しましょう。

 

手術前に全ての不安を取り除いてリラックスして植毛を受けることが、痛みを軽減することにもつながります。

 

全身麻酔はしてくれないの?

全身麻酔は副作用も強いので行われていません。全身麻酔は、体の内部のよっぽどの手術でなければ行われないのです。

 

各クリニックと利用している麻酔

紀尾井町クリニック

静脈注射、伝達麻酔、局所麻酔を組み合わせている

ヨコ美クリニック

局所麻酔(リドカイン)、静脈注射、内服薬による精神安定剤

 

注目してほしいのは、内服薬による精神安定剤も利用しているクリニックがある、という部分です。痛みに対してあまりに強い恐怖感がある方は麻酔だけではなく、精神安定剤も利用してもらいましょう。

 

ちなみに植毛時には最初に静脈内に鎮静剤を入れます。その鎮静剤が体に入ってくると意識がぼーっとしてきて眠りにつくのです。そしてうつらうつらしている間に局所麻酔やドナーの採取も終わっている、という感じです。

 

植毛手術後に痛みや違和感を感じる場合があります

植毛は、静脈に鎮痛剤を打ってから局所麻酔をしたうえで手術を行います。麻酔と鎮痛剤のお陰で植毛施術中に痛みを感じることはほとんどありません。

 

植毛手術の麻酔が切れたら痛みが出ることも・・・

しかし麻酔が切れてくると、頭皮に違和感やつっぱる感じがする方もいます。

 

植毛手術後1日目から2日目に頭皮や頭に鈍い痛みを覚える方はかなり多く、手術を行った約半数の人はそのような痛みを経験します。植毛手術が終わるとどこのクリニックでも痛み止めが処方されるので、我慢をせずに服用しましょう。

 

痛みは長くても1週間以内に終わります。1週間経てば、痛みや違和感がかなりなくなるのでで心配することはありません。

 

時間が経過すると痛みやかゆみはどうなりますか?

1週間たっても痛みが続く方は、何らかのトラブルが発生した可能性もあるので早めにクリニックに知らせましょう。

 

植毛手術を行って1ヶ月くらい経つと、痛みを感じる人はほとんどいなくなります。しかし、1カ月ごろから患部にかゆみを覚える人もいます。

 

1カ月たつと傷跡はふさがってくるので、しっかりとシャンプーで洗浄することも可能です。頭皮を清潔にしておくことで、かゆみもかなり軽減します。

 

植毛後の痛みを軽減させる方法

とにかく、頭皮に刺激を与えないことが一番です。最も気をつけるべきは、縫合した患部などが開いてしまうことです。強い刺激を与えてしまうと、後頭部や側頭部で縫合していた部位が再び開いてしまう、ということも考えられるわけです。

 

患部の傷口が開いてしまうと出血を伴います。治りも当然遅くなりますし、傷跡が残ってしまうリスクも高まってしまうのです。

 

施術を受ける前や施術を受けた後に、クリニック側からしっかりと説明を受けていると思いますが、痒いからといってかきむしらないでください。シャンプーの再開時期についても指導を守ることが重要です。