生え際が気になる方は植毛が効果的です

生え際が気になる女性

生え際の後退は、男性に特に多い悩みの一つです。

 

生え際の後退、俗に言う「M字薄毛」は、頭頂部が薄くなる場合よりも比較的若い年齢から起こりやすい症状の一つです。20代初めころから生え際の後退が起こることも珍しくありません。

 

生え際の後退は治りにくく、植毛による対策が効果的です。植毛は髪を植える場所を自分で選ぶことができるので、M字のみの植毛も可能です。

自毛植毛でカバーする場合

植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」があります。

 

生え際が気になる男性

「自毛植毛」は自身の毛髪を必要な個所に移植する方法なので、生え際の後退が気になる人には特に有効な方法です。

 

後頭部や側頭部の毛根を生え際の必要な部分に移植します。移植した髪の毛は一度脱毛しますが、定着したものはその後生えてくるのです。

 

植毛したものがすべて定着するわけっではなく、脱落してしまうものもあります。一方で高度な技術・熟練した医師とスタッフを誇るクリニックではほぼ100%に近い定着率を実現しています。

 

「自毛植毛」の場合は、施術後すぐには髪は生えてきません。皮膚が完全に定着し発毛を始めるのに3カ月は必要と言われているので、毛髪が生え際の他の部分となじむ程度に生えそろうまでには6カ月程度必要な事もあります。その後はメンテナンスなども不要で、自分の毛が継続して生えてきます。

 

人工毛植毛でカバーする場合

「人工毛植毛」の場合には人工毛を皮膚に移植するので、拒否反応が起こって脱落しやすいです。ですが、植毛を行ってすぐに効果を実感できる点が「自毛植毛」よりも優れています。

 

人工毛なので一度抜けてしまうと再び生えてはきません。抜け毛が目立つ場合には、メンテナンスとして再度植毛しなければなりません。

 

「自毛植毛」を行う場合も「人工毛植毛」を行う場合にも、自然な生え際を実現するためのデザインセンスのあるクリニック(ドクター)を選ぶことが重要です。多くの植毛クリニックでは実際の施術例をホームページなどで公表しているので、どの程度の技術力・デザイン力があるのかを把握できます。

 

どんな疑問でも施術を受ける前に解消しておくのが、植毛を成功させる秘訣です。クリニックの無料相談などで疑問点を解消しましょう。